佳人薄命の頃は過ぎても・・・

カテゴリ:脳転移( 1 )

残念なお知らせ

今日は、約3ヶ月ぶりの造影CT検査。
朝10:30からのCT検査前。その前に、血液検査をさっさと済ませる。
昔は年1回の健康診断で血液検査を受けるのもドキドキだったけど、
今じゃ、すっかり慣れちゃったね。

CT検査では造影剤のルート確保に、看護師さんは毎回苦労。
看護師「血管細いですね・・・」
たぶん、ここで焦ったのだと思いますが、アルコール消毒にかぶれないか確認するのを忘れ、
左腕のあっちやこっちや、表や裏や、針を刺す場所を探してアルコール綿で広範囲に消毒してる。
後で赤くなるのに・・・
でも、看護師の慌てぶりが微笑ましく感じました(笑)
針は意外とすんなり入りひと安心。

検査結果は12:00から、第一外科の外来で。
少し時間があるので、毎回、重要な局面に立ち会ってくれる友人Cと合流し、病院の食堂へ。
時間が早すぎ、ランチではなくモーニングセットでした(笑)

12:00前に外来の待合室へ移動し、楽しくおしゃべり。
友人C「元気そうで安心した。ご飯食べる時も観察してたけど、どこもおかしくなかったし。」
職業柄(?)彼女は私を観察していたらしい・・・(笑)

程無く呼び出され診察室へ。
外来担当医は、夏休み明け(たぶん)で、少し焼けていた。

私「こんにちは。お久し振りです。」
担当医「こんにちは、今日は残念なお知らせがあります。」
PCのディスプレイには、脳のCT画像が・・・
 
担当医「脳に2箇所転移が見られます。小さな転移はCTではわかりません。
    MRI検査で確認する必要があります。。
    今後は放射線科でフォローします。治療は放射線や抗がん剤治療になります。
    放射線科に連絡したら、担当医が検査のため16時頃でないと面談できませんが、
    今から放射線科へ行ってみますか?」
私達「行ってみます。短い間ですが、大変お世話になりました。
   おかげでみんなで旅行にも行くこともできてよかったです。」

何ともあっけないお別れでした。

診察室を出た途端、お腹の調子が・・・
友人と二人、トイレに直行。ストレスってお腹に来るのね・・・(笑)

放射線科の受付で16時に予約を入れ、いったん解散。
家に帰って、今後の治療について調べなくちゃ。

肺がん 脳転移 治療 検索 

放射線科のK先生は、若いけど、当たりがソフトで説明が解りやすく、感じの良い方でした。
「CTでは写らない腫瘍があるかもしれないので、MRI検査をします。
 検査の結果により、今後の治療を決めます。
 基本的には放射線と抗がん剤治療となります。
 まず、脳腫瘍の治療を第一に考えましょう。
 腫瘍の数が少なければ、サイバーナイフによる定位放射線治療が可能です。
 小さな腫瘍がたくさん見つかれば、全脳照射を行います。
 MRI検査の結果、私はどちらの治療がいいですか?とはききません。
 最善と思われる治療をお勧めします。
 
 肺がんの脳転移の場合、平均生存期間は8ヶ月です。
 覚悟はしておいてください・・・」

なかなか、厳しい話となりました。
自らの「お終い」に向けて、真剣に準備しなくちゃ。

とりあえず、脳の腫れを取るために、リンデロン2㎎が処方されました。

[PR]
by yoshikonohaha2003 | 2014-08-11 22:47 | 脳転移

肺がん(大細胞神経内分泌癌:LCNEC)の貴重な体験を記録に残します。過去の記事もこれから少しずつアップします。
by yoshikonohaha2003
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
脳転移
肺がん
仕事
エンディング準備
リンパ節転移
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

嬉しいお知らせ
at 2014-09-09 23:40
ほっとしたこと
at 2014-08-25 22:24
残念なお知らせ
at 2014-08-11 22:47
LCNEC(大細胞神経内分泌癌)
at 2014-03-19 23:38
中毒疹発症
at 2014-02-07 23:10

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな