佳人薄命の頃は過ぎても・・・

嬉しいお知らせ

今日は放射線科の受信日でした。
まず、最初にCTを撮り、外来担当K先生のお話を聞きました。

サイバーナイフ治療前の画像と今日の画像を比べながらの説明です。
私が見ても明らかに腫れがひいていました!
サイバーナイフ治療のおかげで、腫瘍が縮小したためと考えられます。

ただ、リンデロンのジェネリック薬品(ベタメタゾン)の服用1mgは続く・・・

旅行OK、飛行機OK、ゴルフOK・・・QOLバンザイヽ(^o^)丿
乗り物酔い止め薬OK、市販の鎮痛剤OK、
車の運転は他人に迷惑をかける可能性ありということでNGです(>_<)

がん細胞の遺伝子検査の結果、ALK融合遺伝子陽性であることが判明しました!
肺がん患者の3~5%という希少なチャンスを得ることができました♪
それは、もし肺がんが再発しても、分子標的薬が使えるということで・・・
つまり、手術不可能でもがんの進行を抑えられる可能性があるということです!
再発予防としての化学療法を行う気は全くないけれど、再発した時の対処療法と
しての分子標的薬は選択肢の一つと考えています。

脳腫瘍が再発したら、サイバーナイフ治療をすればいい。
脳壊死等の副作用がでたら、手術して取り除くこともできます。

今回、外来担当のK先生の治療方針と私の選択枝は一致しました。
次回の受診は1ヶ月後、血液検査と胸部X線による経過観察です。
2ヶ月後にはまた全身CT検査です。

ステージⅣには変わりありませんが、
たくさんの武器を手に入れ、幸せながんサバイバーになりましたv(^^)v


[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2014-09-09 23:40 | 肺がん

ほっとしたこと

今日は、4日ぶりに出社した。
普通に会社へ行けることが、こんなにありがたいものなのか・・・しみじみ感じた。

治療後も全く変化のない、むしろ元気いっぱいの私に職場のみんなもほっとしたようだ。
同じくサバイバーのおじいちゃんも、「良かったなぁ」って心から喜んでくれた。

支店長と私の今後の処遇について話した。

結論から言えば、私の好きなようにすれば良いとのこと。
働きたければ、このまま働けばいい・・・
休職したければ、休職してもいい・・・
働きながら人生を楽しみたければ、いつでも休暇を取ればいい・・・

会社は全面的に私をサポートしてくれるとのこと。
正直、ほっとした。
これまで、一生懸命働いてきて良かったと思った。

私はほどほどに仕事を楽しんで、動けるうちにいろんなことを楽しみたいと思います(*^^)

[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2014-08-25 22:24 | 仕事

残念なお知らせ

今日は、約3ヶ月ぶりの造影CT検査。
朝10:30からのCT検査前。その前に、血液検査をさっさと済ませる。
昔は年1回の健康診断で血液検査を受けるのもドキドキだったけど、
今じゃ、すっかり慣れちゃったね。

CT検査では造影剤のルート確保に、看護師さんは毎回苦労。
看護師「血管細いですね・・・」
たぶん、ここで焦ったのだと思いますが、アルコール消毒にかぶれないか確認するのを忘れ、
左腕のあっちやこっちや、表や裏や、針を刺す場所を探してアルコール綿で広範囲に消毒してる。
後で赤くなるのに・・・
でも、看護師の慌てぶりが微笑ましく感じました(笑)
針は意外とすんなり入りひと安心。

検査結果は12:00から、第一外科の外来で。
少し時間があるので、毎回、重要な局面に立ち会ってくれる友人Cと合流し、病院の食堂へ。
時間が早すぎ、ランチではなくモーニングセットでした(笑)

12:00前に外来の待合室へ移動し、楽しくおしゃべり。
友人C「元気そうで安心した。ご飯食べる時も観察してたけど、どこもおかしくなかったし。」
職業柄(?)彼女は私を観察していたらしい・・・(笑)

程無く呼び出され診察室へ。
外来担当医は、夏休み明け(たぶん)で、少し焼けていた。

私「こんにちは。お久し振りです。」
担当医「こんにちは、今日は残念なお知らせがあります。」
PCのディスプレイには、脳のCT画像が・・・
 
担当医「脳に2箇所転移が見られます。小さな転移はCTではわかりません。
    MRI検査で確認する必要があります。。
    今後は放射線科でフォローします。治療は放射線や抗がん剤治療になります。
    放射線科に連絡したら、担当医が検査のため16時頃でないと面談できませんが、
    今から放射線科へ行ってみますか?」
私達「行ってみます。短い間ですが、大変お世話になりました。
   おかげでみんなで旅行にも行くこともできてよかったです。」

何ともあっけないお別れでした。

診察室を出た途端、お腹の調子が・・・
友人と二人、トイレに直行。ストレスってお腹に来るのね・・・(笑)

放射線科の受付で16時に予約を入れ、いったん解散。
家に帰って、今後の治療について調べなくちゃ。

肺がん 脳転移 治療 検索 

放射線科のK先生は、若いけど、当たりがソフトで説明が解りやすく、感じの良い方でした。
「CTでは写らない腫瘍があるかもしれないので、MRI検査をします。
 検査の結果により、今後の治療を決めます。
 基本的には放射線と抗がん剤治療となります。
 まず、脳腫瘍の治療を第一に考えましょう。
 腫瘍の数が少なければ、サイバーナイフによる定位放射線治療が可能です。
 小さな腫瘍がたくさん見つかれば、全脳照射を行います。
 MRI検査の結果、私はどちらの治療がいいですか?とはききません。
 最善と思われる治療をお勧めします。
 
 肺がんの脳転移の場合、平均生存期間は8ヶ月です。
 覚悟はしておいてください・・・」

なかなか、厳しい話となりました。
自らの「お終い」に向けて、真剣に準備しなくちゃ。

とりあえず、脳の腫れを取るために、リンデロン2㎎が処方されました。

[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2014-08-11 22:47 | 脳転移

LCNEC(大細胞神経内分泌癌)

今日は退院後2回目の受診。
いくらなんでも組織検査の結果も出ているだろう。

受診の前に血液検査と胸部X線。
検査の結果が出るまで、少し時間がかかるため早めに病院へ行こうと
思ったが、結局、到着は受診の1時間前。
前回は血液検査の待ち時間が長かったので、先に血液検査から回ろう。

取り急ぎ、中央採血室に向かう。
順番は161番。40人待ちかぁ・・・
順番が来るまでにX線撮影ができそう?
掛け持ちまずいだろうと思いつつ、階下のX線撮影室に向かう。
順番は4・5番目といったところ。微妙・・・
ええぃ、受付を済ませてしまえ。

X線の順番待ちに時間がかかり、血液検査の順番はとっくに来てました。
慌てて血液検査を終わらせて、呼吸器外科の外来へ!!

外来担当のH医師より、組織検査のご報告。
てっきり、よくある肺腺癌かと思いきや・・・
H「原発性肺癌で、大細胞神経内分泌タイプの癌です。リンパ節に転移あり、病気の進行度は
 ⅡA期です。 手術でリンパ節はしっかり取りましたが、目に見えない小さな細胞が身体の
 中に飛んでいる可能性はあります。標準治療は抗がん剤の追加治療ですが、追加治療を
 しますか?
 200人のうち100人が追加治療を選択するとして、このタイプの癌で抗癌剤治療の恩恵を
 受ける人は、10人くらいです。」

つまり、大細胞神経内分泌癌の人は、抗がん剤の恩恵を5%しか受けないということ?
5%のために、抗がん剤治療の副作用のリスクを負う?
それより、大細胞神経内分泌癌って?!

私「追加治療については少し考える時間をください。」
H「何を考えるんですか?」
私「何をって、大細胞神経内分泌癌のことを調べる時間が要ります。」

血液検査とX線検査の結果に異状はなく、1週間後に追加治療の返事をすることになりました。

家に帰ってPCで「大細胞神経内分泌癌」を慌てて検索。
非小細胞癌だけど、小細胞癌と同様に悪性度が高く、成長、増殖スピードも速く、転移・再発も
起こりやすく、助かる見込みが低い危険な癌なんですって・・・(-_-;)
<参照> http://www.kkyhymr.net/cat17/lung8.html
     http://dic.gankeijiban.com/a_term/d_1/t_8868

さて、どうやって闘うかな・・・


[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2014-03-19 23:38 | 肺がん

中毒疹発症

一夜明けて、首や肩にも大量の湿疹が発生していることに気付く。
顔の湿疹は真っ赤で痛痒いし、明らかに顔が腫れている・・・
やっぱり、昨日の出社は無謀よね~!
ふつう退院4日目で、雪の中を1時間30分かけて、電車で通勤しないでしょう。

なんて考えてる場合じゃない、とりあえず皮膚科を受診しなくては!
昔、帯状疱疹の時にお世話になった女医さんのクリニックへ行ってみよう。

今日もまた雪がちらつく寒い中、外出かぁ(笑)

診察の結果は「中毒疹」。術後で精神的にも肉体的にも大きなストレスを受けている今、お肌も非常にデリケートになっているらしいです。なんと、全身に湿疹が発生していました!洗顔方法、入浴方法の指導を受け、顔用と全身用の塗り薬・飲み薬を処方してもらって帰りました。次は12日の受診ですが、湿疹が悪化したら、すぐ来なさいとのこと。

10日に出社することになっていますが、この顔ではマスクの着用は無理だし、中毒疹が悪化したら大変だし、休ませてもらおう。無理したお蔭で、回り道だね!




[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2014-02-07 23:10

今日は会社へ行ってみた!

上司に言われ、今日はとりあえず会社へ行ってみました。退院して4日目ですけど、早くないですかぁ?
13時頃、来れば良いと言われ、午前休の感覚で出社。雪が降り出し、通勤には最悪なコンディション。逆に薄幸な感じが強調され、まぁいいか。雪の中を歩くのはいやだなってことで、自宅から最寄駅近くのスーパーまで自分の車で移動。途中、マスクとうがい薬とのど飴を購入。この時期、何が怖いって風邪をひくことが本当に怖い。手術後で体力も免疫力も落ちている今、1時間30分かけて電車で通勤することは恐怖です!車から降りたり、店から出たり、電車から降りたりした時に、気温の変化で咳が出るのも辛い。咳が出たら胸の右下の方が差し込むように痛んで、浅い呼吸しかできず、暫く呼吸困難。歩くにも元気なころの2倍くらい時間がかかるし、早く三ヶ月後にならないかな。その頃には、もっと元気になっているはず(^^)
会社ではメールチェックや簡単な事務など、ほとんど仕事らしい仕事はしていないけど、17時を回って退社するころには、けっこうへとへと。会社から駅までの道のりってこんなに長かったっけ?電車の中では爆睡してました。

そんなこんなで、何とか1日が終わりましたが、今日一番のビックリは、マスクにかぶれて顔がかゆくなったこと。こんなの初めて~!!やっぱり、免疫力が落ちているのね。今夜はマスクを着用せずに寝よう。

[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2014-02-06 23:18 | 仕事

始まり

毎年恒例の会社の定期健康診断。
去年は大きな病院で人間ドックを受けたけど、今年はまた、いつもの個人病院。
患者の少なさに、経営は大丈夫なのかと心配になる。(大きなお世話!)

いつものように検査を終え、病院の玄関を出たところで、看護師さんが追っかけてきた。
「先生がお話があるそうなので、戻ってください。」
「???」

診察室に戻ると、先生が笑顔で迎えてくれた。
「今年の画像と2年前の画像ですが、比べるとわかるように、肺に影があります。
 今日はCTを撮って帰ってください。結果が出るまで1週間くらいかかります。」
確かに素人目で見てもよくわかる大きさの影がある。
影があるってこういうことか・・・と妙なところで納得する。

そういえば、11月の初めにしばらく咳が続いたが、結核にでもかかったかな?

それが、12月6日金曜日のこと。


[PR]
# by yoshikonohaha2003 | 2013-12-06 23:22

肺がん(大細胞神経内分泌癌:LCNEC)の貴重な体験を記録に残します。過去の記事もこれから少しずつアップします。
by yoshikonohaha2003
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

嬉しいお知らせ
at 2014-09-09 23:40
ほっとしたこと
at 2014-08-25 22:24
残念なお知らせ
at 2014-08-11 22:47
LCNEC(大細胞神経内分泌癌)
at 2014-03-19 23:38
中毒疹発症
at 2014-02-07 23:10

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな